経済・政治・国際

2017年10月10日 (火)

現在何百万円もの奨学金返還を非正規労働の身分で苦しみながら返還している人々への配慮は。

 単に有効求人倍率といった場合、パートなど非正規雇用を含めた数字だ。正社員の有効求人倍率は、1.01倍である。(平成29年8月分。厚生労働省発表)

 高等教育を無償化していくというが、現在何百万円もの奨学金返還を非正規労働の身分で苦しみながら返還している人々への配慮はしてもらえるのだろうか。大学の非常勤講師を3つ掛け持ちしても、年収は生活保護水準をかろうじて超える程度である。そのような人の奨学金返還も免除になるのですよね。

 正社員が当たり前の社会にしていかなければならないのではないか。力の強い者が、弱い者をたたく。カリキュラムの再編と称して、気に入らない非常勤講師を追放するというのも、よく聞く話だが、そのような弱い者いじめをする者には、必ず天罰が下る。天は、正しいものに味方し、悪を末代まで徹底的に排撃する。

 アベノミクスとやらの風も、結局、私のところには届かなかった。いったい誰のための政治なのだろう。お友達のためか。日本国憲法第15条2項に「すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない。」とある。たとえ古くからの友人であっても、在職中は、一定の距離を置く必要があるのではないか。国民は、希望すれば全員総理大臣とゴルフができるのだろうか。政治家たるもの、疑いをもたれること自体を恥ずかしいと思わないといけないのではないか。

| | コメント (0)

2017年7月18日 (火)

戦前のような社会にならないように

 主任の国務大臣たる法務大臣が説明できない(理解していないと思われる)法案が、国会の手続き慣例を無視して、強引に成立していくという、現在の政治の危うさ。
 戦前のような社会にならないように、すなわち再び戦争へ向かっていかないように、主権者たる国民全体で国家の各機構を見守り・是正していく必要がある。

| | トラックバック (0)

2015年10月14日 (水)

もう無理だ マイナンバー

マイナンバー制度の導入に絡み、厚生労働省の職員が収賄で逮捕された。
これは氷山の一角にすぎないのではないか。
厚生労働省全職員を私生活に至るまで徹底的に精査し、その結果が出るまで、マイナンバー制度は導入すべきではない。
いや、全国民に番号をつけて国家が監視する仕組み自体に、そもそも危うさがある。
無理なものは無理だ。
便利さは時に人間に不幸をもたらす。

|

2012年12月16日 (日)

選挙公報が届くのが遅い

本日衆議院議員選挙の投票日だった。

選挙公報が届いたのが、昨日の午後以降だった。

遅すぎるのではないだろうか。

これでは期日前投票の案内を記載している意味がないのではないか。

|

2012年1月16日 (月)

アクセス数が30,000を超えた。

 先日、本ブログの開設以来の累計アクセス数が30,000の大台を超えました。5年弱での達成となった。

|

2007年11月22日 (木)

累計アクセス数が5000を超えました。

 先日、このブログの累計アクセス数が5000を超えた。

 この一週間では、通訳案内士試験合格発表記事と、英検合格発表記事へのアクセスが多い。

 これからもよろしくお願いします。

  以上

| | コメント (0)