« 新型コロナウイルス | トップページ | トーマス・マン原書講読月例報告(2020年2月) »

2020年2月28日 (金)

新型コロナウイルス (つづき)

行政へ

 暴走政治にならないように。

 国会軽視はやめましょう。嘘に嘘を重ねても真実にはなりません。

 弱い人にしわ寄せがいく政策はやめましょう。大手の正社員は良い。有給休暇を使って1か月程度は休めるし、月給も雇用も事実上保証されている。一方、非正規の人は、有給休暇がない人も多く、時給制の人は、全く収入がなくなる。場合によっては雇止めも横行するかもしれない。政府は速やかに補償をする必要があるだろう。

 もっと言えば、希望する人すべてが正社員で働ける社会にしていかなければならない。それは社会全体の幸福のためである。

 臨時休校の要請だが、地域の実情に合わせて「まず2週間」で良いのではないですか。2週間と春休みまでとでは、国民の負担がだいぶ違うと思う。いきなり今日明日で学年度が突然終わるというのは、現場は混乱します。感染者が出ていない県で、全校休校にする意義はあるのか。

 「要請」という言葉は、辞書によれば「求める。要求する。」(『日本国語大辞典』)という意味で、非常に重い。文科大臣は、各校に「任せる」と言っているらしいが・・・。「任せる」ということは、実施しないという選択もあるというニュアンスも含まれるだろう。「要請」ではなく、「提案」で良かったのではないか。「こういう方法もありますよ」ということだ。世間ではそのように言うことが一般的な気がする。地域の実情にあった対応が何よりも必要だ。現場を見ずに不合理な対応をトップダウンで無理やり押し付けるのは好ましくない結果となるのではないか。

 「今が山場」(2月28日知事発言)とか「ここ1・2週間が瀬戸際」(2月24日政府筋)などの表現は避けた方が良い。その時間が経過して、諸々の対策にもかかわらず事態がさらに悪化したときに、変な「あきらめ」感が社会に広がりかねない。「もう何をやってもだめかもね」的な。そうではなく、「今のこの状況をこうすれば少しでも改善できる可能性がある」というようなポジティブな考え方が大事だ。

 

国会へ

 席と席が近すぎます。

 

テレビ局へ

 取材先・中継先はもちろん、スタジオでもマスクをしましょう。

 大地震と同じ状況です。大地震の時はヘルメット着用しますよね。

 大手広告代理店の社員が感染しているので、在京キー局も危機感を持ってください。キー局の人間は、霞が関・永田町・皇居にも出入りしているのです。

 電波を送出できない事態にならないように。

 

スマホを使っている方へ

 毎日、スマホを洗いましょう。トイレでもスマホをしている人がいます。手を洗っても、洗っていないスマホを触れば、手を洗っていないのと同じです。

 新型コロナウイルスは、9日間は物の表面で生きるとの報告があります。スマホを毎日洗いましょう。防水でないものは、水拭きでも良い。昨日との区切りをしっかりとつけることが大事です。

 

 

|

« 新型コロナウイルス | トップページ | トーマス・マン原書講読月例報告(2020年2月) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事