« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月28日 (金)

新型コロナウイルス (つづき)

行政へ

 暴走政治にならないように。

 国会軽視はやめましょう。嘘に嘘を重ねても真実にはなりません。

 弱い人にしわ寄せがいく政策はやめましょう。大手の正社員は良い。有給休暇を使って1か月程度は休めるし、月給も雇用も事実上保証されている。一方、非正規の人は、有給休暇がない人も多く、時給制の人は、全く収入がなくなる。場合によっては雇止めも横行するかもしれない。政府は速やかに補償をする必要があるだろう。

 もっと言えば、希望する人すべてが正社員で働ける社会にしていかなければならない。それは社会全体の幸福のためである。

 臨時休校の要請だが、地域の実情に合わせて「まず2週間」で良いのではないですか。2週間と春休みまでとでは、国民の負担がだいぶ違うと思う。いきなり今日明日で学年度が突然終わるというのは、現場は混乱します。感染者が出ていない県で、全校休校にする意義はあるのか。

 「要請」という言葉は、辞書によれば「求める。要求する。」(『日本国語大辞典』)という意味で、非常に重い。文科大臣は、各校に「任せる」と言っているらしいが・・・。「任せる」ということは、実施しないという選択もあるというニュアンスも含まれるだろう。「要請」ではなく、「提案」で良かったのではないか。「こういう方法もありますよ」ということだ。世間ではそのように言うことが一般的な気がする。地域の実情にあった対応が何よりも必要だ。現場を見ずに不合理な対応をトップダウンで無理やり押し付けるのは好ましくない結果となるのではないか。

 「今が山場」(2月28日知事発言)とか「ここ1・2週間が瀬戸際」(2月24日政府筋)などの表現は避けた方が良い。その時間が経過して、諸々の対策にもかかわらず事態がさらに悪化したときに、変な「あきらめ」感が社会に広がりかねない。「もう何をやってもだめかもね」的な。そうではなく、「今のこの状況をこうすれば少しでも改善できる可能性がある」というようなポジティブな考え方が大事だ。

 

国会へ

 席と席が近すぎます。

 

テレビ局へ

 取材先・中継先はもちろん、スタジオでもマスクをしましょう。

 大地震と同じ状況です。大地震の時はヘルメット着用しますよね。

 大手広告代理店の社員が感染しているので、在京キー局も危機感を持ってください。キー局の人間は、霞が関・永田町・皇居にも出入りしているのです。

 電波を送出できない事態にならないように。

 

スマホを使っている方へ

 毎日、スマホを洗いましょう。トイレでもスマホをしている人がいます。手を洗っても、洗っていないスマホを触れば、手を洗っていないのと同じです。

 新型コロナウイルスは、9日間は物の表面で生きるとの報告があります。スマホを毎日洗いましょう。防水でないものは、水拭きでも良い。昨日との区切りをしっかりとつけることが大事です。

 

 

|

2020年2月27日 (木)

新型コロナウイルス

新型コロナウイルス、既に日本国内のあちこちで感染者が発生し、その勢いは衰えない。(流行というかは別として。)

現に肺炎でも検査を受けられない人もいるというのは、感染者数隠しと言われても仕方がないだろう。

 

国会も政府も全く緊張感に欠ける。このウイルスは感染力が強いことはもうお分かりだろう。(武漢のような状況に日本がならない保証はどこにもないのだ。)国会議員も大臣も今すぐマスクを着用するべきだ。少しでも感染を抑える努力はその点からだ。

私は日本国内で2人目の感染者が確認された時点(1月24日)から、大流行することを予想し、人込みは避けて、電車・バス・スーパーマーケット内でもマスク着用をしている。

マスクの買い占め・高額転売はやめてほしい。以前は、不織布マスクが箱買いで1枚あたり10円から20円程度だった。近所の店を回っても全く売られていない状況が1か月続いている。自分が当面必要な数量だけ買って欲しい。これから数か月の長い戦いになるのだから。

マスクの増産を要請しても、買い占め・高額転売者の手に渡るだけなら事態は何も改善しない。実際に国民全体に当面必要な数が渡るように政府は動くべきである。

今思えば、もっと早期に外国からの入国を拒否すればよかったのだが、もう遅い。なぜ観光客を入れてしまったのか。カジノを含むIRももう無理だろう。

 

今できることは何か。

 まず、マスク着用だ。外出するときは、食事の時以外は着用しておく。

 マスクをしていれば安心ということではもちろんない。人込みは極力避ける。外出自体を極力しない。(仕事・買い物・食事・支払等に限定。旅行はしない。)他人と隣同士・向かいの席には座らない。2メートルは離れる。人込みでは用事・食事は15分程度まで。他人とすれ違う時も、極力距離をとる。住宅街の道路なら、反対側に移動する。行列も1メートル間隔をとろう。

 ジムに行くのはやめよう。器具は共用ですから。自宅で体操すれば良いのだ。

 とにかく、不特定多数の人が触る共用の物品(特にドアノブ)を手で触ったら、直後に流水で手を念入りに洗おう。普段の3倍の時間をかけて。

 私は、建物の玄関に設置してあるようなプッシュ式のアルコール消毒は使わない。押す部分を不特定多数の人が触っているからだ。アルコール消毒するから多少手を洗ってなくても大丈夫などと考えないで。手洗いの励行も忘れずに。

 全国一斉休校は、どうなのか。従来のインフルエンザに準じたやり方では、なぜまずいのだろう。発症した人が確実に治療を受けられることが大事なポイントだ。発症していない大勢の人の生活を根底から覆すような策は、あまり勧められない。

 

 一つ政府に要望がある。

  自動車運転免許証の更新の期限を、少なくとも数か月先に伸ばしてほしい。

 

 

 

 

|

2020年2月 1日 (土)

トーマス・マン原書講読月例報告(2020年1月)

 今月は、小休止となった。

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »