« 選挙公報が届くのが遅い | トップページ | トーマス・マン原書講読月例報告(2012年12月) »

2012年12月17日 (月)

トーマス・マン原書講読臨時報告(2012年12月17日)

  本日、トーマス・マン(Thomas Mann, 1875-1955)の原書講読(ドイツ語)は、1990年版全集第12巻(ISBN3-596-10322-3、Reden und Aufsätze4 [講演と評論4])の全文を読み終えた。予定通り、本年中の読了となった。975から978頁が外れかけていて、長い激闘を物語っている。

 明日からはいよいよ1990年版全集の最終巻である第13巻(ISBN3-596-10323-1、Nachträge [補遺])の講読に入る。巻末の索引を除外して、全922頁であるから、やはり半年程度はかかるだろう。従って、読了目標は2013年6月末である。

 これでトーマス・マンのエッセイの約8割を読み終えたことになる。全エッセイの読了に向けてひたすら地道に努力するのみだ。

 やればできる、必ずできる、絶対できる。

|

« 選挙公報が届くのが遅い | トップページ | トーマス・マン原書講読月例報告(2012年12月) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事