« アクセス数が24,000に達しました。 | トップページ | トーマス・マン原書講読臨時報告(2010年12月6日) »

2010年11月30日 (火)

トーマス・マン原書講読月例報告(2010年11月)

 ドイツのリューベック生まれの作家トーマス・マン(Thomas Mann, 1875-1955)の長編小説『魔の山』(Der Zauberbeg, ISBN3-10-048224-7)の原書講読(ドイツ語)が、479ページに達した。進捗率は47.6%である。

 第5章「ヴァルプルギスの夜」の節がもうすぐ終わる。それにしてもフランス語の嵐。

 ようやく「魔の山」の半分、頂上に近づいてきた。

 だが、研究の方針がやや変更となり、「魔の山」とは、しばしお別れになるかもしれない。

 それでも、とりあえず、新潮文庫の上巻までは読み切りたい。

 

|

« アクセス数が24,000に達しました。 | トップページ | トーマス・マン原書講読臨時報告(2010年12月6日) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事