« 2010年8月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

トーマス・マン原書講読月例報告(2010年10月)

 ドイツのリューベック生まれの作家トーマス・マン(Thomas Mann, 1875-1955)の長編小説『魔の山』(Der Zauberbeg, ISBN3-10-048224-7)の原書講読(ドイツ語)が、441ページに達した。進捗率は43.9%である。もうすぐ半分というところだ。

 物語は、第5章の「死の舞踏」の節である。原書と新潮文庫の高橋義孝訳を対比しながら読んでいて、高橋訳の上巻も残り60頁ほど。半年間持ち歩いたため、本の角がだいぶ擦れてきた。壊れる前に読み終えたいものだ。

 10月から生活環境が変わった。格段に忙しくなり、この原書講読も予定通りには進まなかった。11月も大きなイベントが控えており、準備に追われている。それでも、一歩一歩進むしかあるまい。

 

|

2010年10月 2日 (土)

トーマス・マン原書講読月例報告(2010年9月)

  ドイツ生まれの小説家トーマス・マン(Thomas Mann, 1875-1955)の長編小説『魔の山』(Der Zauberbeg, ISBN3-10-048224-7)の原書講読(ドイツ語)は、403ページに達した。進捗率はちょうど40%である。ようやく「中間地点」が見えてきた。

 現在第5章の「Forschungen」の節を終えたところである。生命とは何か。

 残りは約600ページ。今年中には中間地点を通過できそうだ。

 9月は風邪が長引いたが、ようやく回復した。

|

« 2010年8月 | トップページ | 2010年11月 »