« アクセス数が21,000に達しました。 | トップページ | トーマス・マン原書講読月例報告(2010年6月) »

2010年5月31日 (月)

トーマス・マン原書講読月例報告(2010年5月)

 ドイツのリューベック生まれの作家トーマス・マン(Thomas Mann, 1875-1955)の長編小説『魔の山』(Der Zauberbeg, ISBN3-10-048224-7)の原書講読(ドイツ語)が、192ページに達した。進捗率は19.1%である。

 なお、5月7日からは、携行に便利な箱入りの原書に切り変えた。毎日持ち運ぶには、やはりハードカバーで箱付きでなければ、本が傷んでしまうだろう。

 物語は、ハンスがエンゲルハルト嬢と食卓で話をしている場面である。

 5月28日に読む予定だったところまで読み進めた。このところ1日4ページ読んでおり、当初の計画(1日2ページ)にほぼ追い付いてきた。追い付いたら当初計画通りの1日2ページに戻そう。ほかにやるべきこともあるからだ。

 自分にできることをしっかりとやっていき、自分の能力を向上させていく。

|

« アクセス数が21,000に達しました。 | トップページ | トーマス・マン原書講読月例報告(2010年6月) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事