« 『トーマス・マン全集』を原語で読み始めた。 | トップページ | ブログの累計アクセス数が15,000に達しました。 »

2008年12月15日 (月)

『ブデンブローク家の人々』原書講読、50ページ達成。

 引き続きトーマス・マンの『ブデンブローク家の人々』をドイツ語原書で読んでいる。本日50ページに到達した。先日までは、Gesammelte Werke in dreizehn Bänden(Fischer Taschenbuch Verlag, 1990. ISBN 3-596-10311-8, ソフトカバー、箱なし)を読んでいたが、ページが外れかけたため、今日からGesammelte Werke in Einzelbänden(S.Fischer Verlag, 1981. ISBN 3-10-048222-0, ハードカバー、箱つき)に切り替えた。ページの面積が小さくなり(190mm×115mm=21,850mm2→170mm×108mm=18,360mm2。約16%減)、行数が増えたので(36行→37行)、文字が小さく感じる。また、綴じている部分のページ余白が小さいので、読み難さを否めない。しかし、慣れれば問題ないであろう。

 それにしても、ページを1枚ずつ接着しているソフトカバーの本は不便である。幾ら持ち運んでいるとはいえ一カ月もたたないうちに、ページが外れかかるとは。今度の本は、ページを折って製本してあるハードカバーで、かつ箱つきなので、少しはましであろう。しかし、この一冊を読み終えるのに一年以上はかかる予定なので、持ち運びに耐えられるか、一抹の不安が残る。

|

« 『トーマス・マン全集』を原語で読み始めた。 | トップページ | ブログの累計アクセス数が15,000に達しました。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『トーマス・マン全集』を原語で読み始めた。 | トップページ | ブログの累計アクセス数が15,000に達しました。 »